企業向け中国語語学研修を東京でお考えならワールド外語学院



フナッシーは中国語会話が得意?

ゆるキャラと言えば、今では日本のどの都道府県にもある地域を象徴するキャラクター。
印象の良いキャラクターを起用することでイメージアップの効果が期待されています。

ゆるキャラは中国語では何と言うのでしょうか?

答えは吉祥物。
日本語の語感でも何か縁起のよさそうな名前ですね。

今現在有名なゆるキャラと言えばふなっしーでしょうか。
くまもんやせんとくん等も有名ですが、現在テレビで引っ張りだこなのはふなっしーですね。

ふなっしーは海外にも訪れることがあり、広報キャラクターに起用されてロンドンに訪れたり、

台湾に訪れたりしてイベントや番組で中国語を披露することも。

ちなみにふなっしーの中国語は「船梨精」。
ふなっしーはイベントの台湾人司会者にも中国語で流暢に回答していました。

よく使う中国語は
「快一点、快一点!(早く、早く!)」
「廁所在哪?(お手洗いはどこですか?)」
だそうですよ。
特にお手洗いは梨の妖精ではなくても中国に訪れたらよく使いそうですね。

ゆるキャラの中の人のことを話すのは少し無粋かもしれませんが、中国の文化や歴史が好きで、

中国語の学習歴もあるのだとか。
中国語は3年学習したそうで、日本で歌手デビューを果たしたこともあるふなっしーは中国語でも歌を歌えそうです。
イベントのあった台湾からは、中の人は台湾人?なんて疑問も飛び出た位です。
クイズ番組でも実は賢い一面を見せたふなっしーですが、中国語も話せるとはマルチな才能をうかがわせますね。

ふなっしーは船橋のゆるキャラですが、中国にもゆるキャラがいないわけではありません。
台湾のゆるキャラには「タイワンダー☆(好想台湾島)」や「Oh Bear!(喔熊)」等があります。

タイワンダー☆は2013年の9月に生まれたゆるキャラで、東日本大震災の際に受けた感謝を伝えるために

「台湾を応援する会」が制作した日本初のキャラクターです。
また、Oh Bear!は2013年の11月に発表された台湾観光局のキャラクター。
どちらも親しみやすいキャラクターで国の壁を越えて友好の輪を広げていくことが出来ればいいですね。

&

大人気のトライアルレッスン

お申込みはこちらから

受講後の入学率86%

トライアルレッスンお申込み