千葉方面の中国語検定指導で評判のワールド外語学院



中国語教室にいこう!@千葉

2月のイベントと言えば、日本では豆まきにバレンタインデーでしょうか。
2月3日に豆をまいて厄除けをし、2月14日には愛の告白と共にチョコレートを配るわけです。
最近では関西で行われていた豆まきの時に恵方巻きを食べるなんてことも増えましたね。
以前は千葉では行われていませんでしたが、お店のプロデュースによって全国区になってきたのではないでしょうか。

日本でも2月にはいろいろとイベントがありますが、中国ではどんなイベントがあるでしょうか?
1月から2月にかけて、中国では最も重要視されている行事「旧正月」があります。
日本が採用しているグレゴリオ暦ではピン来ない方もいるかもしれませんが、中国語で言えば春節ですね。
日本で言う正月のようなものですが、爆竹をならしたり花火を打ち上げたりと盛大に祝うのです。
旧正月は天体の運行により決まるもので、朔や中気がおこるのがどの日かでつきはじまりが変わります。
具体的に言えば2014年では1月31日ですが、2015年では2月19日が旧正月だったりするのです。

この旧正月は実家に帰って親族と過ごすのが一般的になっています。
例え中国から日本に来ていても、この旧正月には帰る人が多いのです。
中国語教室の千葉でも、旧正月(春節)には中国語の先生が少なくなってしまうのはそういうわけなんですね。

日本でも、正月には実家に帰るという人は多いと思いますが、中国ほどではありません。
中国ではこの旧正月前後の大移動は春運と呼んで民族大移動となって、交通網は大渋滞となるのが通例です。

大渋滞や爆竹・花火などは最近話題となっているPM2.5が増加するとして警告が出されていますが、なかなか習慣を改めることは難しいものがあります。
ましてやお祝い事ですからね。以前よりは規模は抑え気味になっているようですが、やはり旧正月は晴れ晴れとした気分でお祝いしたくなるようです。
日本に来ている中国の方は旧正月の里帰りが終わったら、よくお土産を買ってきて下さいます。
中国語教室では中国の習慣にも触れる機会が多くあります。
千葉の中国語教室で2月には是非旧正月についても深く知って異文化理解をしたいものですね。

大人気のトライアルレッスン

お申込みはこちらから

受講後の入学率86%

トライアルレッスンお申込み