北京留学体験記|中国語・韓国語・タイ語・英語教室を東京や千葉、埼玉でお探しならワールド外語学院

留学体験記

北京での留学体験記その1

留学先 期間 大学 氏名
北京 6ヶ月 北京師範大学 徳川 康子(22歳)
羽田 秀子(22歳)

 私たちは、同じ中学・高校に進学した気心の知れた友人同士でした。高校生活も残すところあとわずかとなったある日、どちらからともなく卒業後の進路のことについて話をする機会がありました。互いに夢のような話ばかりが次々と飛び出すのですが、はっきりと形になるものはなにひとつありませんでした。その後、就職への不安が日を追うごとに増し一人では抱えきれなくなり、お互いの希望や目標を真剣に話し合うことにしました。

二人ともお喋りが大好きだったので、言葉を通じて交流することで、お客様が喜び満足してくれるような職業に就きたいと同じ夢を持っていました。そこで、せっかくなら外国でトライしようという目標を立てました。日本の隣国で、歴史のある発展途上の国、中国の観光産業では幅広い知識とサービス精神が要求されると聞き、その実態を知り実務経験を積もうと考え、まずは中国語を学ぶことにしました。

 高校卒業後、二人で中国語の専門学校に2年間通学し、更なるレベルアップのため、中国留学へ向かいました。日本の中国語教室で日常会話はマスターしたと感じていたはずなのに、留学直後は現地の授業はおろか買物ですら全くチンプンカンプン。自信を失いかけました。しかし互いに励ましあい、努力した結果2〜3週目には70%〜80%位は理解できるようになりました。それからは、中国人の友人も増え、充実した留学生活を送ることができました。

 この中国留学のおかげで、現在、私たちは二人そろって北京の日系ホテルに採用され、「世界各国のお客様に満足ゆくサービスを」をモットーに毎日楽しく働いています。

北京での留学体験記その2

留学先 期間 大学 氏名
北京 10ヶ月 北京語言文化大学 三崎 敏喜(24歳)
大手商社勤務

高校二年生の長い夏休み、少し根気をもって激動する世界情勢を学んでみようと一般紙を熟読していたとき“中国、本格的に改革、開放政策に自信”という見出しに魅了され、内容を読みすすむうちに中国の巨大な人口、市場規模の無限の可能性、国民性の温和さ、精力的な勤勉さに触発され、中国という国に興味を持ちました。

 自分の将来の進路の選択肢としては“中国”という輪郭が脳裏に形成されるようになり、その目標と高揚した思いを先生や先輩達に話したところ、初めは冷笑されましたが、私の熱意に先生は真面目に協力してくださるようになり、在日歴12年、貿易会社を経営する中国人男性を紹介してくださいました。

 しかし、留学するには難問が二つありました。ひとつは両親の説得、もうひとつは学費です。話し合いの末、両親も自分の一生の思いに邁進できるよう応援するといってくれ、学費も援助してくれることになりました。今でも両親には深く感謝しております。

 これできまり。早速学校の授業のほか毎日NHKラジオ中国語講座とテレビ中国語会話で1時間発音を中心に学習し、高校卒業の頃には基本会話は理解できるようになりました。

 中国では10ヶ月間漢語進修生として留学しましたが、その期間の授業としては会話、文法、ヒアリング、新聞朗読、文化、経済などを勉強しました。帰国後、大学の文学部中国語学科に在籍し、中国語に磨きをかけた結果、希望の企業に就職することができました。

 留学目的は各々ことなりますが、皆さんも“留学してよかった”とおもえるよう、自分なりの方法で中国語を学び、中国を知り、理解し、そして中国を満喫して欲しいと思います。

上海での体験記

留学先 期間 大学 氏名
上海 1年 上海交通大学 要 義寛(26歳)
大手電気メーカー勤務

 留学先を選ぶ際最も大事なのは相手先の学内環境と授業内容だと思います。友人によると各大学に資料を請求しても詳しい内容のブックレットや納得のいく情報は入手しがたいということでした。

 そこで私は課外授業として学んでいるワールド外語学院の講師に留学の目的と留学先大学の評価についてアドバイスを求めました。先生方は自分自身の経験を踏まえ親身になってアドバイスしてくださいました。私はその情報を参考に上海の理工系大学に入学しました。
授業内容は次の通りです。

  1. 聞き取り
    先生が先ず短い文章を話し、それを聞き取ってペアーでその内容について中国語で会話をしま す。また録音テープを聞き、その後で先生による解説を受けます。
  2. 会話
    1クラス5〜6名と少人数なので、発音も丁寧に直してくれます。会話力向上に大変役立ちます。テキスト1課中の会話文を取り上げ、文法とその他の表現方法を学び、練習で模範会話を行います。自分で話す時間が与えられるので、言いたいことを伝える表現力が身につきます。
  3. 精読
    この授業は単語、文法の解説ばかりでなく、登場人物の心情を読むといった一歩進んだ内容です。又ゲーム形式で語彙を増やします。
  4. 作文
    手紙、はがき、日記、招待状などの書き方の授業です。先生がテキストと離れた話をし、それを聞いて意見を述べたりもします。
  5. HSK対策
    文法解説があり、練習問題を解き復習するパターンで高得点を得られるように配慮されており発表回数も多く、記憶に定着しやすい形式で進められます。

     

どの分野の先生も、どうすれば留学生の語学力が高められるかと熱心に授業をしてくれます。

大連での体験記

留学先 期間 大学 氏名
遼寧省大連市 6ヶ月 大連外国語大学 福井 肇(30歳)
中国文学科講師

 私が中国の大学に留学を決めたのは、ナマの中国語を自然に身につけるために“日本語を使えない生活環境”を確保することが有効だと考えたからです。そこで日本人留学生が少ないことと、宿舎や設備の整った環境を重視し東北地方を選びました。中国留学経験豊富な諸先輩にこの2点を相談したところ、遼寧省の大連外国語大学を推薦してくれました。実際、日本人留学生はおりましたが、北京や上海に比較するとかなり少ないほうだったように思います。

 宿舎は新館と旧館とがありました。私は新館の一人部屋希望でしたが空きがなく、旧館の一人部屋で生活することになりました。留学前にきちんと契約をしておくべきでしたが、旧館も設備的にはシャワー、トイレが共同であるほかはテレビ、冷蔵庫、電話、は最初から設置されていて、一日10ドルはリーズナブルで、思ったよりも快適に過ごすことができました。

 授業はA〜Eでクラス分けされており、Aは高級、BCDは中級、Eが初級と段階的に分かれています。生徒は5名前後と少人数制で行われており、経験豊富な講師陣にも恵まれ十分満足する内容で、みるみる実力がついてくるのを感じられました。

 留学中のスケジュールは基本的に午前中授業を受け、午後からは自由です。ただしこの自由時間をどう使うかでなかり留学生活の結果は左右されるのではないでしょうか? 私はせっかく留学したのだから、中国人学生と日本語⇔中国語の相互学習にこの時間を当てました。また、中国人ばかりでなく、他の国から来ている留学生達とも接することによって国による考え方・習慣の違いなどを知り、物事を幅広い視野でとらえることができるようになりました。

 中国では日本と違って時間がゆっくりと流れていきますので、自分の将来と自分自身の目的・存在を再び客観的に見直す良い機会となりました。

授業・その他などお気軽にお問い合わせください

国際交流センター ワールド外語学院

北千住校 03-6806-2276
船橋校 047-423-5732

受付時間
平日     10:00〜21:30 
土曜日  10:00〜19:00 
日曜日  10:00〜19:00 ※上野校のみ 平日11:00〜21:00、土日12:00〜18:00

フォームからの
お問い合わせ

ページの上へ戻る

  • 試して安心・納得まずはトライアルレッスン・プチ体験
  • 上野中央通りカフェ校OPEN!

教室のご案内

地図 船橋校 上野校 北千住校

受付時間
平 日
10:00〜21:30
土・日
10:00〜17:00
祝 日
休み

※上野校受付はこちら

学院からのご案内

  • 新規受講生のための特別サービス
  • 法人様ご好評いただいております 講師・人材派遣
  • 特訓コース
  • 講師・通訳翻訳

スタッフ募集中
  • Twitter 
ワールド外語学院のスタッフの授業風景レポート
  • ワールド外語学院公式Facebookページ
  • 先生と生徒の交流

コラム

中国語
韓国語
タイ語
講師派遣
社内研修
語学研修

無料見学・資料 お申し込み

Copyright(C) 2011 国際交流センターワールド外語学院 . All Rights Reserved.